2020年12月19日

退役軍人団体が VA長官を非難

 military.comによれば、アメリカの主要な退役軍人団体は水曜日にホワイトハウスへ書簡を送り、ドナルド・トランプ大統領(President Donald Trump)に、退役軍人省(VA)長官、ロバート・ウィルキー(Department of Veterans Affairs Secretary Robert Wilkie)を解雇するよう求めました。

 ウィルキーが下院退役軍人省委員会で働く海軍予備役少佐の誠実を疑問視していたと結論した先週公表されたVA当局監察総監の報告書への対応として、6つの退役軍人団体はトランプへ長官を解任することを求める書簡を書きました。

 「長官はこの問題における文書化された不正行為の責任を否定しているため、我々、退役軍人奉仕団体の指導者一同は、彼を直ちに解任することで、貴殿にさらなる行動をとるよう要請します」と、「the American Legion」「Veterans of Foreign Wars」「Disabled American Veterans AMVETS」「Vietnam Veterans of America」「Paralyzed Veterans of America」の長は書きました。

 団体は先週、声明を出し、長官が数週間で職務を去ることから、主に象徴的とみられる尽力として、ウィルキーを辞職させるよう求めました。

 カルフォルニア州選出の民主党議員、ナンシー・ペロシ下院議長(House Speaker Nancy Pelosi)、同じくカルフォルニア州選出の民主党議員で退役軍人問題委員会の議長、マーク・タカノ下院議員(Rep. Mark Takano)少なくとも15人の連邦議員が尽力に参加しています。

 隊員のアンドレア・ゴールドシュタイン(Andrea Goldstein)が2019年9月にワシントン特別区の退役軍人病院でアトリウムで痴漢行為を受け、いらがらせをされたと主張したあと、ウィルキーは彼女を中傷し、信頼性を傷つけたとVAの監察総監は結論しました。

 しかし、調査はウィルキーがゴールドシュタインの信用を落としたり、彼が他社に彼女の経歴を調べるよう命じた情報を積極的に探したという報告を立証できませんでした。

 トランプへの書簡の中で、退役軍人団体は、調査結果は「長官自身が防衛態勢を敷き、退役軍人の名誉を傷つけ、引き続いた監察総監の調査を回避したことを明らかにする」といいました。

 「これは退役軍人の間の信頼をとてつもなく大きく裏切るもので、ウィルキー長官は説明をしなければなりません。彼の行動は退役軍人がVAで医療を求めることを妨げる脅威であるだけでなく、省全体でセクシャルハラスメントを終わらせるために活動しているVA職員の努力も台無しにします」と団体は書きました。

 監察総監の報告は、襲撃者とされる者は、VAの法執行機関がゴールドシュタインの経歴の調査を始めた数日後に調査を受けた施設の請負業者であったかもしれないといいました。

 VA監察総監のマイケル・ミサル(Inspector General Michael Missal)は、病院の防犯カメラが当時動いていなかったと指摘し、ゴールドシュタインの主張を裏付ける十分な証拠はなかったと結論しました。司法省はこの事件を取り上げることを拒否しました。

 しかし、ミサル総監は、ゴールドシュタインの主張は立証されていないして対応したことで、ウィルキーがVAの評価を不必要に傷つけたといいました。

 先週公表された報告の中で、ミサル総監が設定した論調は少なくともプロ意識を欠き、最悪では性的暴行を提訴した退役軍人の信頼性と経歴への疑問を全国の記者に情報を公開する根拠を提供した、といいました。

 木曜日、ツイッターへの投稿の中で、ゴールドシュタインはウィルキーと彼の補佐役を非難しました。
「責任感をもって説明責任を果たすのではなく、調査をして私の性格に疑いを差し挟む」ことを目的とした隠蔽工作をはじめたと非難しました。

 「軍隊の中で性的暴行を経験したり目撃した大勢の男女がウィルキーの行動を……説明責任を果たし、非難し、恥を知ることを拒否して、犠牲者の問題をさらに大きくする……とてつもなく馴染み深いものだと認めました」とゴールドシュタインはいいました。

 報告書への対応の中でウィルキーは、65人を尋問した後で、監察総監は告発したVA職員による声明を裏付けるいかなる文書化された証拠も特定しなかったと主張し、訴えは虚偽だといいました。

 VA長官としてのウィルキーの地位は、次期大統領ジョー・バイデン(Joe Biden)が宣誓をする1月20日に終了します。何度も辞任を求められたにも関わらず、長官はこの件について公の声明を出していません。

 VA報道官のクリスティナ・ノエル(Christina Noel)は、ウィルキーは省を率い続けるだろうといいました。それは「退役軍人の信頼、医療の質と職員の満足を向上するランドマーク」となりなす。

 ウィルキーの辞職を求めているその他の団体には、「Iraq and Afghanistan Veterans of America」「the Service Women's Action Network」「The National Veterans Legal Services Program」「the Modern Military Association of America」が含まれます。

 伝統的にトランプ政権のVAを改革する努力を支援している保守系の「Concerned Veterans for America」は、「VAの指導者たちは常に退役軍人と機関の完全性を自分たちに優先しなければなりません」とのべて、この事件のウィルキーのリーダーシップを批判しました。

ーーーーーーーーーー

 トランプ政権らしい事件です。トランプ家での女性の立場を象徴しています。トランプ家では女性の立場は極度に低いことで知られます。性的被害の訴えも、軽視するのは当然でしょう。トランプは退役軍人のために金を集めたことがありますが、退役軍人のために使ったのはごく一部だったとの事件もありました。トランプにとって、軍人は自分たちを守るための駒でしかありません。

 どうせ、来月にはいなくなる長官とはいえ、これまで何もしなかったウィルキー長官へ最後通牒を突きつけたのは、権利団体として当然だったといえます。

 このように、トランプは米軍を味方につけているようですが、実は軍との関係は最悪です。法律を無視して軍隊を使おうとするので、軍からは危険視されています。統合参謀本部議長も、トランプは本音では解任したいのでしょうが、それをやると世論から叩かれるのでしないだけです。

 バラク・オバマは、国防長官を通さずにホワイトハウスから現地部隊に直接質問をして、軍との関係を悪くしたことがありますが、それとは問題の深度が違います。
posted by スパイク通信員 at 07:19| Comment(0) | 日記