2020年12月26日

トランプが国防法案に拒否権を行使

 military.comによれば、水曜日にドナルド・トランプ大統領(President Donald Trump)は議会における広範な超党派の賛成を得た法案を拒否すると脅したのに引き続いて国防法案に拒否権を行使し、政権初の拒否権を覆すための投票を準備する可能性があります。

 法案は兵士の3%の昇給を認め、軍の計画と建設に 7400億ドル以上を承認します。

 拒否権を発するずっと前、トランプは拒否をする一連の理由を示しました。彼に対する偏見を抱くと彼が主張するソーシャルメディア企業に制約を与え、南部連合の指揮官を讃えたフォート・ベニング(Fort Benning)とフォート・フッド(Fort Hood)のような軍事基地の改名を認める文言を削除するよう、彼は議員たちに求めました。詳細には立ち入らず、彼は国防法案の最大の勝者は中国だと主張しています。

 下院へのビデオメッセージの中で、トランプはこれらの異議をあげ、重要な国家安全保障の手法を欠く法案で、退役軍人と我が軍の歴史を尊重しない規程を含み、国家安全保障と外交政策においてアメリカを第一に置く我が政権による努力と食い違うと述べました。中国とロシアへの贈り物だと。

 下院と上院はどちらも、大統領からの拒否権を無視するに十分に大きな差で法案を可決しました。トランプは過去に8件の法案に拒否権を行使しましたが、法律がトランプの署名なしに法律となるために、両院で3分の2の支持者を得られなかったためにこれらの拒否権は維持されました。

 拒否権行使に先立ち、ケンタッキー州選出の共和党議員、上院多数党院内総務ミッチ・マッコーネル(Mitch McConnell)は、法案は中国の攻撃的行動を抑止するのに役立つと言っています。第二位の上院指導者でサウスダコタ州選出のジョン・テューン上院議員(Sen. John Thune)と、下院軍事委員会のメンバーでウィスコンシン州選出のマイク・ギャラガー下院議員(Rep. Mike Gallagher)を含めた法案のその他の共和党の支持者は、法案は中国のよいな国からの脅威に対抗するとツイートしています。

 上院軍事委員会でトップの民主党議員、ロードアイランド州選出のジャック・リード上院議員(Sen. Jack Reed)は、国防法案に関して中国が最大の勝者だというトランプの宣言は虚偽だといいました。リード議員はトランプが拒否権のために行った説明の変化も指摘しました。

 「トランプ大統領は明らかに法案を読んでいないか、それが何かを理解していないのです」とリード議員はいいました。「これには、トランプ政権がかつてなしたよりも中国に対して厳しい、いくつもの党派を問わない条項があります」。

 法案は国防総省の政策を導き、兵士レベル、新兵器システムと軍の準備態勢、軍隊の人事方針とその他の軍隊の目標の判定を強固にします。多くの計画は軍隊の建設を含めて法案が承認されないと有効になれません。

 トランプと珍しくつながりを断ったマッコーネルはトランプが拒否権を行使すると脅したものの、法案の可決を促しました。マッコーネルは議会は60年間近く続く国防法案の可決を続けることが重要だといいました。

ーーーーーーーーーー

 トランプが拒否権を行使しても、十分な賛成数が得られているので、議会が再可決して国防法案は承認される見込みです。特に、軍人の昇給が含まれているので、それを無視することはありません。その他の重要な事柄も含まれています。

 そんな中に、自分が気に入らないソーシャルメディア企業に制限を与えるよう迫るなんて、大統領のすることではありません。CNNでは、連日、大統領が自分のために政治をしていると批判していますが、そのとおりです。

 中国が勝者だというのも、自分の意見をもっともらしく見せるための方便に過ぎません。誰もが否定しにくい事柄を持ち出して、自分の意見を通すやり方はよく使われるものです。この拒否権はトランプ政権が死に体であることをさらに強調するだけです。
posted by スパイク通信員 at 19:33| Comment(0) | 日記