2021年01月24日

ロシアはSTARTの延長を歓迎

 military.comによれば、クレムリンは金曜日にジョー・バイデン大統領(President Joe Biden)の2週間未満で期限が切れる2カ国間の核兵器管理条約を延長する提案を歓迎しました。

 ロシアのウラジミール・プーチン大統領(President Vladimir Putin)は、ロシアは条約を延長する立場で、アメリカの提案の詳細をみるのを待っているところだといいました。

 ホワイトハウスは木曜日、バイデン大統領はロシアに新しいSTART条約(戦略兵器削減条約)の延長を提案しているといいました。

 「我々は書面を延長するという政治的意思しか歓迎できません」とペスコフ報道官(Peskov)は記者との電話会見でいいました。「しかし、すべては提案の詳細にかかっています」。

 バラク・オバマ大統領(President Barack Obama)とロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領(President Dmitry Medvedev)が2010年に署名した条約は、それぞれの国が核弾頭を1,550発以上配備することを制限します。

 ロシアは条約をいかなる条件もなく、そのまま延長することを長らく提案していますが、ドナルド・トランプ(Donald Trump)の政権は交渉をはじめるのを昨年まで待ち、一連の要求を条件に延長をしました。交渉は行き詰まり、何ヶ月もの交渉は違いを狭められませんでした。

 「延長のための一定の条件は前進し、それらのいくつかは我々には絶対に受け入れられないので、アメリカが提供しているものを見てみましょう」とペスコフはいいました。

 バイデン大統領は選挙中に、彼は新START条約を存続するのに賛成だと述べました。それは彼の副大統領としての任期中に交渉されたものでした。

 条約延長の交渉はロシアとアメリカの間の緊張によって混乱もしました。それはウクライナ危機、2016年の大統領選挙へのモスクワの干渉とその他の刺激で煽られています。

 延長の提案に関わらず、ホワイトハウスの報道官、ジェン・プサキ(Jen Psaki)は、バイデンはソーラーウィンド社ハッキング事件、2020年の選挙干渉、反体制派の人物、アレクセイ・ナバロニ(Alexei Navalny)の薬物被毒、ロシアがアフガニスタンで米兵を殺すためにタリバンに懸賞金を提供したという広く報じられる疑いのような、向こう見ずで敵対的な行動をロシアが説明することにこだわったままだといいました。

 パサキの声明へのコメントを求められ、ペスコフはロシアはそうした活動へのいかなる関与もしていないと再び断言しました。

ーーーーーーーーーー

 まだ、アメリカが詳細を示していないので、どうなるかは分かりませんが、とりあえずはトランプの決定が元に戻るということで動いています。もともと、オバマがやったから気に入らないという程度の理由しかトランプは持っていません。いまは条約の延長を喜び、今後の展開に注目です。
posted by スパイク通信員 at 04:01| Comment(0) | 日記