2021年02月27日

第二のトランプが核兵器を発射したら?

 military.comによれば、約3ダースの下院民主党議員は、一人の人物がこの世を終わらせる軍事力をもつべきでないといって、ジョー・バイデン大統領(PresidentJoeBiden)に核兵器の発射を命令する権限を放棄するよう要請しました。

 書簡によれば「この権限を一人の人物に与えることは本物のリスクを伴います。過去の大統領は他国を核兵器で攻撃すると脅したり、大統領の判断についてそのほかの当局者に懸念を表明させた振る舞いを示しました」。書簡はカリフォルニア州の下院議員、ジミー・パネッタ(Reps.JimmyPanetta)とテッド・リュー(Reps.TedLieu)が筆頭に立ちました。

 書簡は元大統領ドナルド・トランプ(DonaldTrump)に言及しませんが、民主党議員は大統領執務室頻繁にある期間、彼の精神状態と平静さを疑問視しました。トランプはしばしば彼が自由にできる巨大な力を無視して、ある時は、彼の核発射ボタンは北朝鮮の指導者、金正恩(KimJongUn)よりも「さらに大きい」「さらに強力」といい、しばしば核兵器を軽視して公にそれらを使うと脅しました。
 
 下院議長ナンシー・ペロシ(NancyPelosi)は1月6日にトランプ派の群衆が議会議事堂を襲撃した2日後にマーク・ミレー統合参謀本部議長(Gen.MarkMilley)と、不安定な大統領が核兵器を発射することを防ぐことについて話したと民主党議員にいいました。

 「心配はバイデンではなく、もう一人のトランプや将来のトランプみたいな大統領についてです」と、憂慮する科学者同盟(theUnionofConcernedScientists)で核兵器の危険を提唱するスティーブン・ヤング(StephenYoung)はいいました。「一時間足らずで1億人、10億人を殺すこの能力を一人の人間が持つべきではありません」。

 議員の書簡は副大統領と下院議長を含む他の当局者が下される前に発射命令に同意すべきだと要求しました。

 「どの大統領も核兵器を命じる前におそらく顧問と相談するでしょうが、そうする必要はありません」と書簡は述べます。「軍は戦争法上合法と評価したら命令を実行する義務があります。米核部隊のいまの態勢の下では、その攻撃は数分間で起こります」。

 しかし、緊急事態の間に素早い決定を出す能力を断念するのは、重大な安全保障の結果となりかねないと、他の者はいいます。

 大統領と副大統領両者には常に、いわゆる「フットボール」とよばれるものが随伴します。それは核兵器発射を命令する通信機器を含みます。

 敵対国が合衆国に対して攻撃をしたら、大統領には決断して、攻撃を始めるために潜在的に数分しかないことは、危機の時にどれか補助的な機関についての懸念を生みます。

 退役陸軍5等上級准尉で統合軍レベルで核兵器の仕様計画を助けた元攻撃目標照準将校のジョン・ロビンソン(JohnRobinson)は、委員会が「核のフットボール」を持つのは破滅的かもしれないといいました。

 そうした変更は議会指導者たちが彼ら自身の核のフットボールを持つことを意味するかもしれないといい、「それはどのように機能します?」と彼は問いました。「たった20分間しかありません。北朝鮮が日本に武器を発射したら、我々には条約の義務が生じます」。

 最大の心配は、複数の人たちが第一弾や報復の攻撃を許可しなければならないなら、それは潜在的な憲法上の危機となるかもしれないことだと、ロビンソンはいいました。

 「彼らの一人が同意しなかったらどうなります?。これは多数派の投票ですか?。彼らが正しいか間違っているかに関係なく、それでも(合衆国憲法)第2章第2条と格闘しなければなりません。そこには最高指揮官よりもこのレベルの責任がある者がいるとは書いていません」。

ーーーーーーーーーー

 トランプは知人に「なぜアメリカは核兵器を使ってはいけないのか?」と問うたことがあります。トランプのように人格障害の人間は、他者に危害を加えても罪悪感を持ちません。極度の暴力であっても正当化します。1月6日の議事堂占拠事件でも、その性格は明らかになりました。トランプに核兵器の使用権限を持たせることが壊滅的なのはいうまでもないことです。

 ロビンソン氏がいう憲法第2章第2条は3項ありますが、その第1項に言及していると思われます。

[第1項]大統領は、合衆国の陸軍および海軍ならびに現に合衆国の軍務に就くため召集された各州の民兵団の最高司令官である。大統領は、行政各部門の長官に対し、それぞれの職務に関するいかなる事項についても、文書によって意見を述べることを要求することができる。大統領は、弾劾の場合を除き、合衆国に対する犯罪について、刑の執行停止または恩赦をする権限を有する。

 核兵器のような究極的兵器について、完全な命令系統は見出しにくいでしょう。議事堂占拠事件に先立って、トランプはマイク・ペンス副大統領に議会でバイデンの当選を否定しろと命じられましたが、政情な判断をして、ペンスは拒否しました。大統領が異常でも、副大統領が正常な判断ができて、核兵器の使用において大統領と副大統領が合意する必要があれば、何とか兵器の使用は避けられるでしょう。しかし、副大統領も異常だったら?。もし、完全に異常な人物が核兵器の発射権限すべてを牛耳ったらどうなるでしょうか?。こういう疑問は映画「博士の異常な愛情」でも描かれました。精神に異常をきたした指揮官が爆撃機にソ連に核爆弾を投じるよう命令を出してしまいます。爆撃機の搭乗員は命令が真正と判断して核攻撃を実施してしまうという話です。発射権限を持つ者が複数いて、意見が一致しない恐れよりも、複数のトランプの方が心配です。
posted by スパイク通信員 at 10:29| Comment(0) | 日記