2020年11月28日

オーストラリア軍による虐待事件の報告

 オーストラリア軍の特殊部隊兵士がアフガニスタンで虐待を行っていた件について、オーストラリア軍が報告書を公表しました。前半のみですが、翻訳した部分を紹介します。報告書は最終版ではなく、先行しているメディア情報をまとめたものです。とりあえず、国民に知らせておくべきだという配慮と思われ、オーストラリア軍の情報公開のレベルを感じさせます。(報告書の原文はこちら


2005年―2013年、アフガニスタンでのオーストラリア兵士による重大な違反行為の報告、主張と調査

2020年11月9日

カレン・エルフィック
法律・法案ダイジェスト部

 増大する過去十年間の現実と個人の見解に基づく大量の証拠は、個人及び職業上の倫理が大きく損なわれたことを示します。

2016年
特殊部隊指揮官、ジェフ・センジェルマン少将(Major General Jeff Sengelman)

 アフガニスタンでの紛争に関与するすべての団体に対する重大な人権侵害の主張が起きています。国際刑事裁判所の検察官は現在、捜査を行っているところです。「2003年5月以降、アフガニスタンで行われた人道に反する犯罪と戦争犯罪に絞った調査を行っています」。2006年以降、多数の別個の機会に、オーストラリアのメディアは、2003年と2013年の間にアフガニスタンで活動する少数のオーストラリア国防軍(ADF)隊員が犯罪行為を行ったとの主張を公表しています。この年表は以下を意図しています。

●順を追った主張された事件の概要と他の重要な出来事との年代順の関係を提供します。
●これらの主張のすべての調査を特定します。
●さらに、報告が公表されたら、公表された主張と、オーストラリア国防軍アフガニスタン捜査(ブレトン捜査)の監査総監による調査された事件の間とのクロスリファレンスを容易にします。

 この報告書は、公式の調査の内容に対する調査結果、公表された主張と伝聞に基づく報告を比較対象します。いくつかの事件で、異なる情報源からの報告は、何が起きたかについて矛盾する証拠を示します。いかなる証拠も存在し、信頼できるかの評価はなされていません。この報告書は、どの事件も報告されたとおりに起きたとか、まったくなかったとかを提案するものとして読まれるべきではありません。

 年表は2020年11月6日までに入手できた公開情報を収集します。

 一部の事件で、死亡や負傷が起きた事実は、公に入手できるADF調査将校(IO)報告により確認されます。しかし、一部の主張はIO報告と食い違い、確認された事件ですら状況は対立します。ほとんどの事件は公式の情報源によって公式に確認されていません。アフガニスタンでの事件の約30件の報告書は公に公表されています。

 IO報告書は通常、報告を匿名にし、機密情報を守るための編集を含みます。IO報告書から規定に従って編集された項目は、殺害、負傷、拘束された敵・武装勢力の人数です。

編集された数が1より多いことがIO報告書で明らかな場合、年表では「複数」という用語が使われています。IO報告書の多くは作戦上の理由のため、事件現場を訪問できないとか、一人やそれ以上の地元の証人に尋問できないことを示します。

ADF隊員の氏名

 出版物の中でADF隊員の実名や仮名が使われている部分は、この年表の中で、その実名や仮名が繰り返されます。幾人かのADF隊員は、証人であったり、情報を提供したため、公的報告書の中では実名です。公的報告書は、作戦中に行われたとされる15人を越える非合法な殺害に関与して告発された別の兵士たちの人数を明らかにしますが、非合法な殺害でこれまでに告発された唯一の兵士は、元空軍特殊連隊(SASR)のベン・ロバーツ・スミス伍長(Corporal Ben Roberts-Smith)です。

 ロバーツ・スミスはいかなる犯罪でも起訴されておらず、すべての嫌疑を否定し、彼を特定したメディア機構を名誉毀損訴訟を起こしています。この訴訟は2021年6月7日に審問が指定されています。名誉毀損訴訟では、たくさんの審問前の命令と判決が出ています。2020年9月8日の判決で、コルヴィン判事(Justice Colvin)は事件に関連がある確定的事実を集約しました。
posted by スパイク通信員 at 06:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: