2021年11月06日

ハイテク兵器の時代に近接戦闘に目を向ける米軍

【ハイテク兵器の時代に近接戦闘に目を向ける米軍】
サイバー戦や無人機が取りざたされる今、米軍はごく近い距離での戦闘に注目しています。
ーーーーー
 米陸軍が中東でのゲリラ部隊と戦った数十年から回復する一方で、指揮官たちは未来の戦争に目を向けています。サイバー兵器、無人機と人工知能で急速な進歩があったにも関わらず、彼らは未来の戦争は依然として流血の近接戦闘で特徴づけられるだろうと強調します。
 「さらに、この技術は素晴らしいものですが、市街戦といえば、手榴弾を投げ、それを延々と切り返すかもしれないものです」と、テッド・マーティン中将(Lt. Gen. Ted Martin)は木曜日のインタビューでいいました。
 アメリカは最近のいくつかの戦役をほとんど最新技術がないやり方で過ごしています。それはロシアと中国との紛争においては正しくありません。二人の潜在的な敵対国の軍事プランナーは彼らの準備に集中するまでいます。
 フォート・レブンワース(Fort Leavenworth)の米陸軍統合武器センター(U.S. Army Combined Arms Center)の指揮官であるマーティン中将は、未来の戦争は単に「ボタンを押すもの」にはならず、米地上部隊は素早く接近し、砲兵と航空機を装備して戦いに来る敵を破壊しなければならないだろうといいました。
 速度と機動は敵の武器をかわすために重要で、素早く敵に接近することは、自軍の兵士に命中したり、その他の付帯被害のリスクのために、爆弾を投下することを、彼らにとってさらに難しくします。アフガニスタン戦の日々は過去となるでしょう。その戦いは頻繁に、無線機と稜線から撃ち下ろす簡素なライフル銃を持つタリバン兵士に対抗する土地に建つ粗末な前進作戦基地に兵士を置きました。
 「我々は、航空優勢と制空権を持ち、サイバー兵器が大きな役割ではなかった2003年に我々がやっていた種類の戦いをしようとしていません」とマーティン中将はいいました。「我々が注目するのは、どんな兵器が投入されるのか、彼らのドクトリンは何かや、自由に活動する競合国の能力、人工衛星の使用が長距離から精密に撃つため、彼らに我々に対する監視と潜在的な対象物(米兵)を提供するということです。我々は急速に接近して、破壊する必要があります」。
 2000年代のイラク・アフガニスタン戦のピークの後、国防総省は軍の近代化のための莫大な努力を追求しています。努力の主要な到達点は、未来の主要な紛争が電子グリッド、金融機関、選挙および通信に対する攻撃を含む電子戦に関係があるという予測に鑑みて、宇宙軍の創設でした。
 国防総省のいわゆるサード・オフセット・ストラテジー(Third Offset Strategy)、世代を飛び越えることで軍事技術を前進させる計画は、軍が新技術に集中することになっています。それは人工知能、超音速ミサイルとサイバー戦の能力の技術革新と開発に集中する新しいオフィスを設置することになっています。
 先週の無党派の議会調査局からの議員への報告書は、アメリカは依然として中国とロシアに技術的な優位にあると強調しつつも、競争上の優位は素早く小さくなる可能性があると主張しました。
 「アメリカはこれらの技術の多くの開発でリーダーですが、主要な競争相手の中国とロシアは最新の軍事技術の開発で継続的な前進をしています」と報告書はいいました。「それらは国内外の軍隊に統合され、配備されるため、これらの技術は、議会の検討事項と国際安全保障の未来への大きな影響となりえます」。
 この夏、中国は超音速ミサイルを実験しました。それは国家安全保障のプランナーに、米軍の優位性の潜在的な衰えについて警鐘を鳴らしました。統合参謀本部議長のマーク・ミレー大将(Gen. Mark A. Milley)は水曜日、ブルームバーグにミサイル実験は、冷戦中の宇宙競争に拍車をかけた「スプートニク・モーメント(Sputnik moment)」に非常に近いと、国防総省を驚かせたといいました。
 しかし、大きな違いがあり、陸軍はバランスをとろうとしています。新技術は未来の戦争で主要な要素になりそうですが、陸軍の指揮官たちは伝統的な地上戦闘は未だに主要な役割を果たしていると主張しています。
 「私は同じ会話を聞きます。それは、未来の戦争は、ママの家で地下室に座った奴が誰も彼をもハッキングして、モンスター(エナジードリンク)を飲むことだというのです。私はそれに強く反論します」とジョン・クライン准将(Brig.Gen. John Kline)は木曜日に陸軍のオンラインセミナーの間にいいました。
 混沌とした地上戦闘の準備の一部は、いくつかの主要な戦闘職の基礎訓練を拡大する陸軍の動きでした。昨年、戦車兵と偵察騎兵の訓練がそれぞれ15〜17週間から22週間に拡大されました。その動きが願わくは、主により武器を使う多くの時間を与え、すぐに海外に派遣されるかもしれなかったり、すでに戦場にあって新兵に十分な説明ができない部隊に姿を現させて、兵卒たちをよりよく準備を整えさせるでしょうとマーティンはいいました。
 陸軍は速度を測定するより広範なテストである陸軍戦闘適合性テストでの体力のテスト方法の改良も終えています。しかし、5月にMilitary.comが入手したデータは、来年公式なものになるテストに、女性は合格するために苦労していることを示しました。
 軍は専門職の歩兵と衛生兵がバッジを取得するためのテストの難易度を下げることなく、部隊の負担を軽くする手法にも注目しているところです。これらのバッジを取得する機会が増える副次的効果は、戦闘技術の基本をさらに訓練することだと指揮官たちはいいます。(翻訳は私が作成しました。一部意訳があります)
https://www.military.com/.../army-expects-fierce-close...
ーーーーー
【私見】
 とても興味深い記事だと思います。米軍は常に新しい戦場に対応しようとして、自ら企画を立てて、実験を繰り返し、新しいドクトリンを確立しようとします。日本では、これからはサイバー戦だとか、無人機だと騒いでいますが、米軍はこれまでの戦争の記録を調べ、そこから新しい教訓を導き出そうとします。自衛隊には、こうした戦闘の経験がないために、そもそも、新しい戦場の環境を知りようもありません。そこで、米軍の記録を積極的に調べて、それが日本の防衛にどう応用できるかを研究すべきなのですが、どれだけやっているのでしょうか?。インターネット上にも、かなりの情報は出ていますが、それらを調べているのでしょうか?。
 近接戦闘とは近距離で行われる戦闘のことです。気になるのは、敵が砲爆撃をためらうくらいの距離は歩兵の武器が致命的な効果を発揮する距離でもあるということです。誤爆の恐れがある300メートルくらいからの距離は、歩兵が持つ兵器でも敵の命を奪える距離です。砲爆撃を避けるために敵に近づくということは、敵の武器が効果的に機能する場所に行くということでもあります。
 当然、そんな危険な距離で、どうやって味方の損害を防ぎ、敵に損害を与えるかという戦術、兵器、訓練の方法を考えることになります。その詳細は、この記事には書かれていませんから、どんなものかは想像するしかありません。
 米軍にはそういう作戦に向いた砲弾があります。M982「エクスカリバー」は砲弾にGPSが搭載され、翼がついています。翼を動かして自分でコースを調整し、半数の砲弾が照準点の5〜20メートルの範囲に着弾します。つまり、敵に急速に接近すると、相手は砲弾を撃ち込めなくなるのに対して、米軍は砲撃を続けられるということです。
 しかし、敵から受ける攻撃をどう防ぐのか。隠れている敵をどうやって素早く見つけられるのかといったことは、さらに検討が必要でしょう。敵の砲弾を破壊するレーザー兵器や対戦車ミサイルを迎撃するシステムなどはすでにありますが、さらに研究が必要に思えます。
 なにより困るのは、歩兵をどうやって激しい攻撃から守るかです。大きくて容易に見つかる装甲車や戦車と違い、歩兵は隠密行動ができて、粘り強い戦いができるという利点があります。しかし、攻撃には弱いので、上手に守る必要があります。記事にあるように、谷間に設けられた前哨基地は敵の攻撃に弱く、包囲されると現場は修羅場になります。そういう戦闘を、アフガニスタン戦では何度も見ました。ヘリコプターが対戦車ロケットで撃墜されることもあり、ローテクな兵器が幅を利かせる環境でもあります。そういう戦場をどう戦うのかが、私には疑問です。米軍がどう問題を解決するのかに注目します。
posted by スパイク通信員 at 12:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: