2021年01月12日

議事堂占拠への法執行機関の対応が明らかに

 military.comによれば、下院軍事委員会のメンバーと陸軍長官ライアン・マッカーシー(Army Secretary Ryan McCarthy)の緊急会議は、1月6日の合衆国議事堂占拠の現場に州軍を派遣し、その後にとられたステップの緊迫したタイムラインについて新しい詳細を明らかにしました。

 ジェイソン・クロウ下院議員(Rep. Jason Crow・民主党・コロラド州選出)はマッカーシーとの会議を要請する上で、アリゾナ州の民主党議員、ルベン・ギャレゴ(Ruben Gallego)に加わりました。ワシントン特別区、メリーランド州、バージニア州の州軍兵士が派遣命令を受けるのに数時間かかったことは、対応についての疑問と批判をよびました。

 元陸軍レンジャー隊員のクロウは、トランプ派の群衆が警備を圧倒したとき、議員と共に避難を余儀なくされました。彼の説明では、彼は議会のメンバーに身元を特定されないように記章を外すように教え、武器を使う必要があるかも知れないと考えて、ペンをポケットに刺しました。

 「イラクとアフガニスタンでレンジャー隊員だった時以来、15年間もこんなことを感じたことはありませんでした」と彼はCNNの「New Day」に語りました。

 日曜日の午後、彼は占拠の間に国防総省でとられたことの詳細と州軍が現在、1月20日のジョー・バイデン次期大統領(Joe Biden)の就任式のために何を計画しているかについて、その日早くにマッカーシーに問い合わせた要約を公表しました。

 要約によると、マッカーシーはクロウに、少なくとも25件の国内テロ事件が議事堂襲撃に続いて起きていたこと、銃砲、爆発物、モロトフカクテルを含む武器が回収され、「よりずっと大きな災厄が辛うじて避けたことを示唆します」といいました。

 「(マッカーシーは)国防総省は就任式当日までの日々にテロリスト志願者によるさらなる可能性がある脅威に気がついていて、警備を準備するために地元・連邦の執行機関と調製していることを示しました」と要約は述べます。

 クロウの報告は、2人が活動のための派遣と就任式周辺の計画を議論したといいますが、警備上の理由から詳細部を公表しませんでした。

 クロウはマッカーシーに、暴動に関与していた軍隊の隊員(一部の退役軍人はすでに参加者として特定されました)を迅速な調査を行い、軍事裁判にかけるよう求めました。彼は、陸軍の犯罪調査部が派遣された隊員が国内テロリストに共感していないことを確実にするために就任式に派遣される州軍兵士を再調査するという、普通ではない要求も出しました。

 「マッカーシー長官は追加の対処をすることに同意しました」と要約は述べます。

 マッカーシーは占拠事件と、高官が認めるなら準備態勢について公に証言するとつけ加えました。

 要約によればデモ活動と議事堂突入の前、わずか340人の特別区州軍兵士しか交通整理のために承認されておらず、議事堂警察は数千人以下と予測された集会に対する準備をするために国防総省からの増援を要請しませんでした。

 要約によれば、1月6日に「盗まれた選挙を止めろ(Stop the Steal)」集会は一部が議事堂を襲撃する活動に変わり、儀礼的な選挙人投票の集計を中断させ、マッカーシーは国防総省は「過去に集まったのよりもずっと大きな参加者数だったと知った」といいました。

 要約によれば、午後2時数分前に行われたマッカーシーと統合参謀本部議長マーク・ミレー大将(Gen. Mark Milley)との電話で、コロンビア特別区市長、ムリエル・ボウザー(Muriel Bowser)と議事堂警察署長スティーブン・スンド(Capitol Police Chief Steven Sund)は内容を特定しない緊急の支援を要請しました。

 マッカーシー、ミレー、クリストファー・C・ミラー国防長官代理(Acting Secretary of Defense Christopher C. Miller)とダニエル・ホカンソン大将州軍局長(Gen. Daniel Hokanson)が議事堂で「展開中の状況」を処理して合意に達し、特別区の州軍の完全動員を含めた州軍の資産の派遣を承認するのに1時間10分かかりました。

 「調整と準備の欠如のため、国防総省に州軍の存在を管理し、直接追加の資源を管理するための機能する作戦センターがなく、国防総省高官がこれまで知られていなかった地元法執行機関の連絡先を追跡して、オフィスの環境でその場凌ぎの電話をかけるままにしました」と要約は述べます。

 クロウはマッカーシーの率直さに感謝を表し、それは有権者の欲求への責任であり、その他すべての国内の州軍部隊と同様に地元法執行機関との統合を確実にするために、特別区の州軍の指揮権限を評価する作業を続けるといいました。

ーーーーーーーーーー

 コロンビア特別区は普通、ワシントン市とかワシントンD.C.とよばれるアメリカの首都です。他の州と違い、州知事ではなく市長が行政の責任者です。しかし、コロンビア特別区州軍を動員する権限はありません。首都であることから、連邦政府が動員を判断します。

 CNNの報道では、トランプは州軍の動員に最初反対したので、ペンス副大統領が州軍を要請しました。最終的にはトランプも動員に賛成したというものの、この記事を読むと、判断は国防総省で下されています。トランプは判断の外におり、大統領としての役目を果たしていません。

 クロウ下院議員の対応は感心します。中でも、州軍の中のトランプ派を就任式の警備から外させようとした点が目を引きます。

 かねてから、連邦議会は米軍の中の過激主義者の洗い出しに熱心でした。米軍の教範でも過激主義者の筆頭は白人至上主義者となっていて、それはまさにトランプ派の特徴です。彼らが警備を突破する方法をトランプ派に教えるとか、会場への侵入を手伝う恐れは否定できません。大統領就任式も開催できなくなったら、アメリカの民主主義は地に落ちます。

 議事堂は民主主義の根幹。それだけに、そこへの軍の展開は躊躇しがちになります。しかし、こうも危機が露呈している状態では、いまの態勢では不十分なのがはっきりしています。民主主義を損なわずに厳重な警戒をするという作業をやりおおせるしかありません。
posted by スパイク通信員 at 09:26| Comment(0) | 日記

2021年01月10日

狂った大統領が核兵器に手を伸ばしたら?

 military.comによれば、下院議長ナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)は金曜日に、「錯乱した」大統領が核兵器のコードにアクセスするのを防ぐために必要な予防措置と表現したことを議論するために、統合参謀本部議長、マーク・ミレー陸軍大将に電話をかけました。

 しかし、専門家と当局者は軍隊や議会が核兵器へ大統領がアクセスするのを邪魔する余地はないといいました。

 「この錯乱した大統領の状況はより危険になりかねず、我々は我が国と民主主義に対する取り乱した攻撃からアメリカ国民を守るためにできるあらゆることをする必要があります」と、カルフォルニア州選出の民主党議員のペロシは金曜日に回覧された書簡の中でいいました。

 彼女と大半が民主党議員の数十人の議員は、最高指揮官の支持者による合衆国議会議事堂の水曜日の暴力的な占拠に引き続いて、ドナルド・トランプ大統領(President Donald Trump)の免職を求めています。

 軍当局は電話があったことを認めました。

 「ペロシ議長は参謀本部議長に電話をかけました」とミレーの報道官、デーブ・バルター陸軍大佐(Army Col. Dave Butler)はいいました。「彼は核指揮権限のプロセスについて彼女の質問に答えました」。

 ペロシは金曜日に、トランプは「戦争行為や核攻撃(を命じる)発射コード(へのアクセスを)」認められるべきでないといいました。

 ミレーへの電話の後、ペロシは政党の幹部会に、彼女はトランプが核兵器を発射すると決めた場合の安全措置について確証を得たとCNNは報じました。議会調査局は先月「核兵器を発射するために、大統領は軍事顧問や米議会のいずれの意見の一致も必要としません」と書いており、どんな保証がなされたのかは不明です。

 「さらに、軍や議会はこうした命令を却下できません」と「国防の点火薬:核戦力の指揮統制」という題名の12月の報告は述べました。

 カーネギー国際平和基金(the Carnegie Endowment for International Peace)の核政策プログラムの上級研究員、アンキット・パンダ(Ankit Panda)も、トランプを免職すること以外に、ミレーやペロシが大統領が核兵器を使うと命じる正当で合法的な命令を出すことを妨げられる合法的な措置はないと指摘しました。

 「それが我々がシステムを設計した方法です」と彼は金曜日に書きました。「アメリカの大統領が実質上君主制で絶対的である方法があるなら、もちろん我々はそれを変えられるでしょう。それがこれです」。

 核兵器を統括する合衆国戦略軍(STRATCOM)当局は、ミレーへのペロシの電話についてのMilitary.comからの質問を国防総省へ任せました。
Officials with U.S. Strategic Command, or STRATCOM, which oversees nuclear weapons, referred questions from Military.com about Pelosi's call to Milley back to the Pentagon.

 STRATCOM指揮官、チャールズ・”チャス”・リチャード提督(Adm. Charles "Chas" Richard)は今週、彼は合衆国が数十年間使っていたシステムを変えるのは推奨しないと記者にいいました。

 しかし、核兵器を展開する違法な命令に従うことは否定すると、彼はつけ加えました。

 「私は与えられたいかなる合法的な命令にも従うでしょう。違法な命令にはどれであれ従わないでしょう」と彼はいいました。「さらに言うなら、何よりも先にいうなら、我々は軍隊のシビリアンコントロールを求めはじめているのです。それが重要なアメリカ人の特質だと考えます」。

 突き詰めれば、核攻撃を行う権限を誰が持つかは「政治的な問題」だといいました。

 「私はこの国の政治のリーダーシップがやりたいことが何であれ実行する準備があります」と彼はいいました。

 議会調査局によると、核攻撃の準備に際して、大統領は軍と民間の顧問に相談します。顧問たちは
武力紛争法(LOAC)でうたわれている規定に合致しないと信じる命令を押し戻す能力があります。

 2017年の上院公聴会で、STRATCOM指揮官を務めたことがある退役空軍大将のロバート・ケーラー(Robert Kehler)は、軍の隊員は非合法だと考える命令は拒否できると議員の前で証言しましたが、「合衆国大統領だけが合衆国の核兵器の使用を命令できます」とつけ加えました。(過去の記事はこちら

 ケーラー大将はプロセスはオートマチックではないと指摘しました。CNNの報道によると「これは人間がコントロールするシステムです」と彼はいいました。プロセスは「評価、再検討と大統領と主要な民間と軍の指導者たちとの間の相談、軍隊自体による大統領の決定の送達と実施を含みます。

 核兵器権限はさておき、統合参謀本部議長としてのミレーの役割も、法律により、指揮系統の外にあります。議長の役割は大統領の軍事顧問として務めることです。

 数人の民間=軍関係の専門家も金曜日に、ペロシとその他の議員がトランプが安全保障のリスクを及ぼすと懸念するなら、彼らは軍事的ではなく、政治的決断を見出すべきだと指摘しました。

 ペロシとその他の議員は、副大統領と閣僚が大統領を解任するために修正第25条を行使しないなら、弾劾手続きに向けて進むといいました。

ーーーーーーーーーー

 いま、核兵器の懸念が高まるのは、トランプの異常な性格のためです。極度のナルシストで人格障害の彼が、退任する前に核攻撃に手を出す恐れがあると考えるのは当然のことです。これまで、何人もの心理学の専門家が、トランプは人格障害だと指摘してきました。自分の敗北を見るなど認めない彼が、たとえば、イランに向けて核攻撃をしようと考えないとは言い切れません。

 アドルフ・ヒトラーは敗北に際して、ドイツを焼き尽くせと命じました。自分が死ぬときはドイツも死ぬべきだと。こういう狂気の判断をトランプもするのではないか。その際、軍人たちは大統領の命令に従い、核攻撃をやるのではないかと心配になります。すでにトランプには、イランの革命防衛隊指揮官、スレイマニ暗殺を命じた過去があります。対イラク政策でトランプに3つの案を示したところ、彼は最も過激な案を躊躇なく選んだのです。心理学の専門家たちは、それは予測できたはずの行動で、周囲がトランプの性格を把握していない証拠だと批判しました。

 トランプが錯乱して、イランから攻撃を受けると思い込む可能性があります。それは、いつものようにテーブルをひっくり返しさえすれば、事態は好転するのだという彼の妄想です。これまで、トランプはそうやってビジネスを行い、政治も行ってきたのです。自分が騒げば騒ぐほど、周囲は自分に従うと。イランを攻撃すれば、それがなんであれ、アメリカ国民は自分を讃え、信じるようになると。つまりは自分のための虚言ですが。

 ペロシはごく基本的な質問しかしなかったようです。軍の回答も、これまでと同じです。つまり、合法的な命令なら従うが、そうでない場合は従わないということです。これでは不十分です。

 この記事を見ても、たとえば、大統領が単独で発射コードを送信する将校を呼びつけ、イランを攻撃しろと命じたような場合、他の閣僚との相談がないことを理由に拒否できるのかといった状況に応じた対処が分かりません。普通に考えたら、これはできないはずです。どこを、どんな核兵器で攻撃するのかは大統領には判断できませんから、少なくとも統合参謀本部議長が同席して、最適な攻撃案を作り上げる必要があります。大統領が「なんでもいいから、核兵器でテヘランを火の海にしろ。方法は任せる」といったような場合、それは合法な命令とは思えませんが、担当将校は拒否できるのでしょうか。我々の不安はそこにあるのです。この大統領は到底信頼できません。それ故、こんなおかしな心配を本気でしなければならないのです。
posted by スパイク通信員 at 11:51| Comment(0) | 日記

2021年01月09日

襲撃を予期しなかった議事堂警察

 military.comによれば、議会議事堂でのドナルド・トランプ大統領(President Donald Trump)派の暴動の3日前、米国防総省は州軍の人員が必要かを議事堂警察にたずねました。そして、水曜日に群衆が建物に襲いかかったとき、司法省の指導者はFBIエージェントを提供するために連絡をとりました。国防当局者と問題に詳しい2人によれば、警察は両方とも断りました。

 たくさんの暴動の可能性の警告とありあまる資源と準備の時間に関わらず、議事堂警察は言論の自由のデモ行動に対してしか計画しませんでした。

 昨年6月のホワイトハウス近くでの法執行官による暴力的対応をめぐる大論争に駆り立てられ、当局は連邦政府が現役兵や州兵をアメリカ人に対して派遣しているのを見せることを避けようとしました。

 その結果、合衆国議会議事堂が水曜日に占拠され、莫大な活動予算と政治家を守る重警備のイベントで経験ををもつ法執行機関の職員は、世界がみる中で圧倒されました。建物の中での銃撃を含めて、抗議者4人が死にました。

 暴動とコントロール喪失は、将来のイベントのための議事堂での警備について深刻な疑問を投げかけています。この日の行動は、昨年、警察の蛮行についてデモ活動をした黒人と褐色の抗議者はより堅固で攻撃的な警備に直面したのに、何時間も建物の中を歩き回った主に白人のトランプ支持者に対する対応について難しい懸念も生みます。

 「これは想像力の欠如、リーダーシップの欠如でした」と、昨年、ジョージ・フロイド(George Floyd)の死に引き続いて何度もの大きな抗議に対応したヒューストン市警の本部長、アート・エースベド(Art Acevedo)はいいました。「議事堂警察はもっとうまく行わなければならず、私はどうしたらそれを回避できるか分かりません」。

 エースベドは、彼は水曜日にビデオ映像で見たものよりも高いフェンスと強力な警備がある、死亡した警察官を称えるための議事堂の敷地でのイベントに参加しているといいました。

 ライアン・マッカーシー陸軍長官(Army Secretary Ryan McCarthy)は、暴動が進行中のとき、議事堂警察が制圧されたのが明らかになったといいました。議事堂で問題が起きた場合にどの部隊が使えるかは、事前に不測の事態の計画はなされませんでした。「彼らは我々に依頼しなければならず、要請が我々に来なければならない」とマッカーシーはいいました。

 乱闘の翌日までに、下院警備長、下院警備主任が辞職し、ナンシー・ペロシ下院議長(Nancy Pelosi・民主党、カリフォルニア州選出)は議事堂警察署長の辞任を求めました。

 「トップでリーダーシップの欠如がありました」とペロシはいいました。

 次期多数派の指導者、チャック・シューマ上院議員(Sen. Chuck Schumer・民主党、ニューヨーク州選出)は、上院警備局長を解雇するといいました。

 350,000人以上の人びとを殺したCOVID-19のパンデミックのために、合衆国議事堂は3月から閉鎖されていました。しかし通常は、建物は公開され、議員は有権者に利用できることを誇ります。

 水曜日に何人の警察官が任務についていたかは不明ですが、施設は16エーカーの敷地に、下院議員435人、合衆国上院議員100人と彼らのスタッフを守る合計2,300人の警察官が警備します。比較して、ミネアポリス市は6,000 エーカーの地域で人口425,000人を警備する約840人の制服警官をもちます。

 民主党のジョー・バイデン(Joe Biden)が大統領選挙に勝ったことを確認する選挙人団の投票の集計を終わらせる両院会議が開催される1月6日に暴力が襲う兆候が数週間ありました。

 極右の掲示板とトランプ派のサークルで計画がなされました。

 極右過激主義グループのプラウド・ボーイズ(Proud Boys)は今週、彼らのロゴを描いた大容量の空の弾倉を携帯して首都にやってきて武器携帯で逮捕されました。彼は警察に、コロンビア特別区で暴動に関する声明を書いたことを認めたと、地元警察はいいました。

 エースベドと2013年のボストン・マラソン爆弾事件を指揮した元ボストン警察本部長、エド・デイビス(Ed Davis)は、彼らは最前線の警察官ではなく、暴動の前の計画とリーダーシップに誤りがあったといいました。

 「保守派の集まりだから、こんなことはしないだろうという構造的な感覚があったのか?。多分そうです」とデイビスはいいました。「人種的な要素がからむところだと心に浮かびます。切迫感の欠如やこの群衆ではこれは起きないとの感覚があった?。その可能性は?。間違いありません」。

 トランプと彼の同盟者はおそらく最大のメガホンであり、抗議者を武力行使に転じ、選挙が盗まれたという虚偽の主張を支持するよう鼓舞しました。彼らが議事堂へ行進し、暴徒になる直前、彼は集会の間に彼らを煽り立てました。犯罪に厳しい態度で知られる元ニューヨーク市長で彼の個人的な弁護士、ルディ・ジュリアーニ(Rudy Giuliani)は「戦闘による裁判」を求めました。

 しかし、議事堂警察は議事堂周辺に堅固な防衛線を設けませんでした。警察官はバイデンの勝利を認定する投票のために入場する一つの側に集中させられました。

 建物に向かう広場にバリケードが設置されましたが、警察はラインから退き、人びとの群が突き破りました。議員は最初、警備が突破されたことを知らず、議論を続けました。すぐに彼らは椅子の下に身を屈めました。最終的に、彼らは下院と上院から護送されました。群衆が塞いだ部屋に入ろうとしたため、ジャーナリストたちは何時間も部屋に置き去りにされました。

 「合衆国議事堂への暴力的攻撃は、私のワシントン特別区での法執行の30年間のどの経験にも似ていませんでした」と議事堂警察署長のスティーブン・スンド(Steven Sund)はいい、憲法修正第1条の活動の展示があると予想した堅固な計画があったと説明しました。「しかし間違いなく、これらの大規模な暴動は修正第1条の活動ではなく、犯罪的な暴徒の行為でした」。

 議事堂警察連盟の長、ガス・パパサナシウ(Gus Papathanasiou)は、計画の失敗が警察官をバックアップや装備なしに押し寄せる群衆にさらしたままにしたといい、スンドを交代するよう求めました。「我々は警察官と彼らが守る議事堂のコミュニティを、リーダーシップの空白の中、さらなる攻撃のなすがままにできません」と彼はいいました。

 司法省当局であるFBIとその他の機関は数週間にわたり、ホテル、航空便とソーシャルメディアを監視しはじめていて、大規模な群衆を予測していました。ムリエル・ボウザー市長(Mayor Muriel Bowser)は数週間、起こりそうな暴力を警告していて、ビジネスは見越して閉鎖していました。彼女は12月31日に国防総省に州軍の支援を要請しましたが、国土安全保障担当の国防次官補、ケネス・ラプアーノ(Kenneth Rapuano)によれば、議事堂警察は1月3日に国防総省からの提供を取り下げました。

 問題に詳しい2人によれば、抗議者が暴力化したとき、司法省のFBIの支援の提供は議事堂警察により拒否されました。彼らは公に議論する権限がないので、匿名で離しました。

 その時までには手遅れになっていました。

 首都警察の警察官が殺到しました。FBIを含めたほとんどすべての司法省機関が呼ばれました。シークレットサービスと連邦防護局も同様でした。アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局が2つの戦術チームを送りました。ニュージャージーほども離れた警察が支援のために到着しました。

 議事堂の施設から抗議者を追い散らすのに4時間かかりました。それまでに、彼らは議事堂のホールをうろついて、神聖な議場の内部で写真撮影のためにポーズをとり、ドアを破り、資産を破壊して、そうするところを写真撮影していました。当時、13人だけが逮捕され、後に多くが逮捕されました。

 その後、7フィートのフェンスが議事堂の敷地周辺に少なくとも30日間、建てられます。議事堂警察は計画と警備と共に、この大騒動の評価を行うでしょう。議員たちは当局が暴動を取り扱ったかを調査する予定です。

 コロンビア特別区の連邦検事代理、マイケル・シャーウィン(Michael Sherwin)は、より多くの人を逮捕できなかったことは、彼らの仕事をより難しくしているといいました。

 「我々はいま携帯基地局のオーダーを調べ、人を特定するためにビデオ映像を集め、それから彼らを起訴し、それから彼らの逮捕を実行しようとしなければなりません。そのため、物事はむずかしくなりましたが、私はなぜこれらの人々が議事堂警察によって建物を離れたときに簡易手錠で縛られなかったのか答えられません」。

ーーーーーーーーーー

 どうやら、議事堂警察の無能が騒乱の原因のようです。大統領就任式に向けて警備を強化する必要があることは私にもわかることです。特に、今回のような異常な大統領選挙があって、その余波が続いている状況で、事態を軽視することはできなかったはずです。選挙結果を承認する会議が開催されるのだから、それに対する妨害行為は当然予測するべきです。スンド署長の弁明は理解できません。

 映像を見ると、議事堂警察の警察官は通常の装備しか持ちません。ヘルメットを被り、防護盾をもった警察官はみませんでした。準備不足は明らかです。

 去年6月、トランプがホワイトハウスからセント・ジョンズ・聖公会教会へ演説のために歩いていくために、ラファイエット・スクエアの平和的デモを行っていた人たちを催涙ガスなどを使って強制的に排除した件と、今回の議事堂の暴動での警察の対応が違いすぎると批判されています(関連記事はこちら)。催涙ガスで計画的に人々を排除したのに比べて、警察官は携帯型の催涙スプレーしか使っていません。一部で発砲があったようですが、ごく僅かです。警棒で暴徒を殴る警察官はまだみていません。

 大統領就任式に向けて、会場の警備計画はやり直す必要があります。極右組織とトランプ派への監視は強化され、必要なら指導者を就任式の前に逮捕して動きを封じるかもしれません。今回の反動でやる杉に走る恐れもあります。いまや、いろいろな危険がそこいらにあるといえます。

 
posted by スパイク通信員 at 19:56| Comment(0) | 日記