2021年01月08日

米軍が動員された暴動6件

 military.comがトランプ支持者による連邦議会議事堂侵入にちなみ、連邦軍兵士が米国内の騒乱に派遣された6つの事例を紹介しています。

ーーーーーーーーーー

 連邦軍兵士が国内の法執行活動でどう活用されるかは2つの法律、1878年の民警団法(the Posse Comitatus Act)と1807年の反乱法(the Insurrection Act )によって規定されます。これらの法律は、自然災害、テロ攻撃、伝染病や国内の暴力を含めた連邦軍兵士がアメリカの国土に展開できる状況を厳しく指示します。

 民間人の騒乱の抑制においては、軍隊は何度も動員されていて、それは州軍だけではありませんでした。数少ない実例を紹介します。

 
1863年のニューヨーク市徴兵暴動


 南北戦争は合衆国が戦争を戦うために民間人を強制的に軍隊に入れた米国史上最初のときでした。おどろくことではなく、ライフル銃と銃剣で戦うことに関心がない人たちはそうすることを嫌いました。さらに悪いことに、金持ちのアメリカ人は2020年なら約7,000ドルにあたる300ドルを支払って徴兵を回避できました。

 ニューヨーク市徴兵暴動はいまでも米国史上最大の民間人の騒乱です。鎮圧するため(おそらくマンハッタンの半分を救うため)、知事はニューヨークの民兵隊を動員するだけでなく、海兵隊を動員しなければなりませんでした。

 暴力はとてもひどく、リンカーン大統領(President Lincoln)はゲティスバーグ(Gettysburg)で戦いを終えたばかりの歴戦の古参兵も秩序を回復して維持するためにニューヨークへ送りました。

1932年の「ボーナスアーミー」解散


 ニューヨーク市徴兵暴動ほど破壊的でも命に関わるほどではないものの、1932年のボーナスアーミー攻撃は政府の支援、とにかくも彼らに約束された支援を求める復員兵の群を一掃するために連邦軍兵士を活用したことで知られました。

 1929年の株式市場の暴落に引き続き、第一世界大戦を戦った復員兵の状況はすぐに悪いから、より悪いへ進みました。議会は彼らに現役であった一日につき1ドル、最大500ドルの現金支給を約束しました。2020年の通貨できっかり9,300ドルで、それは大恐慌を生き残るに十分すぎるました。

 ほとんどの復員兵にとって、その金は何年間かにわたり支払われることになっていましたが、大恐慌が本格的になると、誰もがすぐに金を必要としました。復員兵はワシントンに行き、支払いを提唱するために「ボーナスアーミー」という活動グループを結成し、議会議事堂に野営しました。

 ハーバート・フーバー大統領(President Herbert Hoover)の司法長官は警察に彼らを排除するよう命じましたが、計画どおりに行きませんでした。フーバーはすぐにこの事件を知り、ダグラス・マッカーサー大将(General Douglas MacArthur)に第3騎兵連隊の戦車にこの仕事をするよう命じました。陸軍は催涙ガスを打ち、銃剣をつけてボーナスアーミーに対して前進しました。復員兵が議会議事堂から退却すると、米陸軍は彼らの野営地を燃やしました。

1967年のデトロイト12番街の暴動


 ニューヨークの1863年の徴兵暴動以来、2番目に大きい暴動が1967年にデトロイトで起き、合衆国に到来した騒がしい年月の先駆けとなりました。

 その年、約160件の人種暴動が合衆国全土で起き、「1967年の長く暑い夏」との異名をとりました。違法な時間外バーへの警察の手入れが国内の最も暴力的で破壊的な暴動に転じたデトロイトほど破壊的な反乱はありませんでした。

 5日間にわたり、デトロイト市民は街中で暴徒と化しました。当時の知事ジョージ・ロムニー(George Romney・ミット・ロムニー上院議員の父親)がミシガン州の州軍を動員することを選ぶほど猛威をふるいました。それすら機能しなかったので、リンドン・ジョンソン大統領(President Lyndon Johnson)は第82、第101空挺部隊を動員しました。

 暴動の結果、43人が死に、2,000の建物が破壊されました。

1967年のニューアーク市の暴動


 これは特に暴動がニューアーク市に及ぼした破壊のレベル、街が完全に復旧されなかったレベルのために 、1967年の「長く熱い夏」のもう一つの重大な騒乱です。

 第2次大戦後、中間層の白人アメリカ人が都市部を去ると、黒人アメリカ人がこれらの街で広範な人種差別と偏見に直面しました。満足できる仕事を住む場所をみつけるのは、そういう機会があったとしても、より難しくなりました。

 黒人のニューアーク市の欲求不満は街が貧困へ陥ると爆発しました。市の政治家と警察はほとんどが白人のままでした。欲求不満は黒人のタクシー運転手が二重駐車したパトカーを追い越したために白人警察官によって意識不明になるまで殴られ、警察署に引きずって行かれたとき頂点に達しました。彼は警察官への暴行で起訴されました。彼が警察の拘束下で殺されたとの噂が広まりました。彼は死んでいませんでしたが、ひどく殴られていました。

 警察の蛮行に対する抗議がはじまり、すぐに広範な暴動と略奪に転じました。州軍が派遣されたあとですら、暴力は続き、1千万ドル(今日の7,760万ドル)の損害と26人が殺され、数百人が負傷するものとなりました。負傷した約40人のほとんどはニュージャージー州の州軍でした。

1968年のマーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士(Dr. Martin Luther King, Jr.)殺害


 1968年4月4人、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士がテネシー州、メンフィスのモーテルの部屋の外で撃たれて殺されました。殺害という言葉が合衆国全土に拡がると、暴動が起こりはじめました。ボルチモア、シカゴ、ナッシュヴィル、ニューヨーク、ローリー、ノースカロライナとワシントンで暴力が噴出しました。

 至る所で、何千もの建物が破壊され、何百人の人々が殺され、数千人以上が逮捕されたとみられます。対応の中で、国中の市長が街に秩序を取り戻すために、それぞれの州兵を動員しました。首都で法の統治を復活させるのに、南北戦争以来の最大の軍隊の占領にあたる13,600人を超える武装兵を必要としました。

1992年のロサンゼルス暴動


 抗議を伴う警察の蛮行への人々の対応が1992年の暴動を引き起こしました。ロス市警の警察官4人が、交通渋滞で停止したあと、バイカーのロドニー・キング(Rodney King)を殴打した件で過剰な武力行使で無罪判決を受けました。評決が発表されると、ロサンゼルスは32平方マイルにわたり暴動が起こりました。

 最後には、秩序を回復し、再びロサンゼルスを一つに戻すために、ロサンゼルスの法執行官全員とカリフォルニア州軍兵士10,000人と合衆国海兵隊数百人を使いました。

ーーーーーーーーーー

 アメリカでは軍隊は民間社会を支援するためのもので、自ら主導したがりません。治安維持のためであっても、武力行使は最小限にしようとします。ブラック・ライブズ・マター運動は一部は暴徒化しましたが、多くは平和的抗議だったから、軍は前に出ませんでした。それでも、暴動がひどくなると州軍、連邦軍が動員される場合があります。

 暴動の原因のほとんどは人種差別なのは、やはりと思うものの、未だに解決しきれないことに焦燥感を感じます。

 記事で注意を引くのはミット・ロムニー上院議員の父親がミシガン州知事で、デトロイトの暴動を経験していることです。連邦を破壊しそうなトランプ大統領を早くから批判していたのは、父親の経験を共有しているためかもしれません。

 今回のワシントンでの議会議事堂占拠では4人の死者が出ましたが、参加者が黒人ならさらに死者が増えたはずだとの指摘が出ています。参加者のほとんどが白人だったから、警察官は発砲をためらいました。人種差別は本当に根深い問題です。
posted by スパイク通信員 at 17:07| Comment(0) | 日記

2021年01月02日

国防副長官に女性2人が指名

 military.comによれば、ジョー・バイデン次期大統領(Joe Biden)は国防総省のシニア・プロフェッショナル女性協会の優秀リーダー賞の受賞者を国防総省のナンバー2に選びました。

 戦略国際問題研究所(the Center for Strategic and International Studies)の国際安全保障プログラムのごく最近の次長で主任のキャスリーン・ヒックス博士(Dr. Kathleen Hicks)は国防副長官に指名されたと、バイデンは水曜日に発表しました。ヒックスは選挙以来、国防総省のブリーフィングの調整のために活動し、バイデンの国防総省移行チームも率いています。

 副大統領中のバイデンの国家安全保障顧問を務めたコリン・カール博士(Dr. Colin Kahl)は、政策担当の国防副長官に指名されるでしょう。

 リリースの中で、ヒックスとカールは元陸軍大将ロイド・オースティン(Lloyd Austin)と共に活動する「危機を経験した愛国者」で、バイデンの国防長官の選択は「我々を安全、安心に保ち、アメリカ国民に説明できる国防政策を確実にするため」だと説明されます。

 「キャス・ヒックス博士とコリン・カール博士は、今日我々が直面する問題の繰り返しに取り組むのを助けるのに必要な幅広い経験と危機を経験した判断を持ちます」とバイデンは声明でいいました。「世界の舞台で責任あるアメリカ人のリーダーシップを回復するために活動するとき、彼女たちは私、副大統領、長官に指名されたオースティン、献身的な民間人と軍人のチームにとって信頼できるパートナーとなるでしょう」。

 オバマ・バイデンの政権の間、ヒックスは国防総省で勤務し、戦略、計画および戦力担当の国防次官補として働き、その後、政策担当の主席国防次官補を務めました。その立場で、彼女は2010年の4年おきの国防評価のために連携し、2012年の国防戦略ガイダンスの進展を率いました。

 公式の履歴によると、上院が彼女の地位を承認する前、彼女は国防長官のオフィスで様々な役割を果たし、3人の国防長官と統合参謀本部議長1人から功労賞を受けました。

 CSISにいる間、彼女はキッシンジャー国際問題センター(the Kissinger Center for Global Affairs)、ジョーンズ・ホプキンス大学高等国際関係論大学院(Johns Hopkins School of Advanced International Studies)でドナルド・マーロン奨学生(the Donald Marron scholar)で、エアロスペース社(the Aerospace Corporation)の信頼性委員会のメンバーでもありました。

 彼女は上院が常任した国防副長官の役割を担う最初の女性となります。過去にクリスティン・フォックス(Christine Fox)は2013〜2014年に数カ月間、代理の立場を務めました。

 オバマ政権で中東担当の国防副次官補も務めたカールは、イラクの米軍を引き揚げ、イラクの自由作戦を終えさせるための主要なアーキテクトで、核兵器を獲得するイランの能力を制限するための国防総省のさらなる活動のために働きました。

 研究者の彼女は、ジョージタウン大学のエドモンド・A・ウォルシュ外交大学(Edmund A. Walsh School of Foreign Service)の准教授、上級研究員でした。スタンフォード大学のフリーマン・スポグリ国際研究所(Freeman Spogli Institute for International Studies)と国際安全保障協力センター(the Center for International Security and Cooperation)のスティーヴン・C・ヘジー・シニア・フェロー(the Steven C. Házy Senior Fellow)でした。

 バイデンは、最初の女性国防長官に指名され得ると広く予測された、国防総省のベテラン、ミシェル・フロノイ(Michele Flournoy)ではなくオースティンを国防総省を率いるために選択して、ワシントンで大勢を驚かせました。オースティンは、2016年に退役し、法が規定する最低7年間、制服を脱いでいないため、承認のために議会の免除を必要とします。注目すべきことに、ヒックスは2017年に、もうひとりの退役将軍、ジム・マティス(Jim Mattis)の免除を支持する上で証言した者たちの中にいました。マティスは最終的に免除を受け、国防長官に認められました。

 「(ヒックスとカールは)、我々は常にアメリカ国民に説明できることを確実にするために、我々は国防総省で軍指揮官と協力して働く、権利を与えられた民間人の声を必要とするという私の強い信念を共有します」とオースティンは声明の中でいいました。承認されたら、現時点で我々が直面する危機に対処するために彼女らとともに働き、未来の問題に向けて我々自身が準備することを楽しみに待ちます」。

 クリストファー・ミラー国防長官代理(Christopher Miller)とヒックスが主導するバイデンの移行チームが率いる国防総省との間の移行ブリーフィングを調整する努力は、意外なことに議論を呼んでいます。移行チームは繰り返し、国防総省が質問に答えず、会議と情報の要請に応じないと訴えており、ミラーのチームは強く否定しました。

ーーーーーーーーーー

 女性隊員の問題を解決するためには、新国防長官に女性を起用しろとの声はありましたが、国防長官には男性が指名される見込みです。そのかわり、副長官には女性が起用されることになりました。これで、女性隊員は長官に女性特有の問題について提案しやすくなったといえます。すでに、女性用の防弾ベストが開発されたり、髪型に関する規則が改正される準備が進むなど、対応はされていますが、ほかにも様々な問題があり、男性中心の組織のトップに女性を置く必要は高まっています。

 ヒックスとカールは女性ですが、この世界でかなりの経験を積んでおり、男性中心の発想に慣れている可能性もあります。しかし、オースティンは女性の視点で考えてくれと二人に注文を出すでしょう。

 安全保障分野での経験が長いことから、ヒックスとカールは沖縄の辺野古問題には従来の見解を繰り返すと予想できます。沖縄に基地を置くことの利点にしか目は向きません。そういう点では日本には利益は期待できません。進展を求めるにはなにか工夫が必要です。
posted by スパイク通信員 at 15:44| Comment(0) | 日記

2021年01月01日

米陸軍が女性兵士の髪型の基準を変更

 military.comによれば、「Task & Purpose」が米陸軍高官は待望されていた頭髪と身だしなみの規則変更を議論していて、彼らは2021年1月に最終的な変更を発表する計画だと報じました。

 「Task & Purpose」が入手したスライドによると、陸軍の指導層の間で議論されている変更は、一部の女性に制服着用時にポニーテイルをすることを認め、「陸軍の価値観と陸軍の多様性と一体性をへの責任を反映する努力の中で、偏見や人種差別的だと分かった現在の規則から文言を削除することを含みます。

 一連の勧告は今月(12月)初頭に、陸軍訓練教義コマンド(TRADOC)、陸軍総軍(FORSCOM)、陸軍特殊作戦コマンド(USASOC)と陸軍州軍を含む陸軍の代表者で構成される「調査委員会」へはじめて示されました。

 委員会に詳しい陸軍当局者は、代表者の大半は女性だといいました。

 委員会はスライドの中で概説された勧告を評決しました。勧告はマイケル・グリンストン陸軍最先任上級曹長(Sgt. Maj. of the Army Michael Grinston)に渡され、それらに署名する予定です。それからそれらはライアン・マッカーシー陸軍長官(Secretary of the Army Ryan McCarthy)とジェームズ・マッコンヴィル参謀長(Chief of Staff Gen. James McConville)に、最終的な承認のために提出されます。どの変更が今年、最終決定され、実施されるかは未定です。

 グリンストン上級曹長は先週、ツィッターで、頭髪は「間違いなく」陸軍の一体性プロジェクトの取り組みを率いるチームが検討していたものだと述べて、変更が近づいていることを示しました。

 勧告は当時の国防長官マーク・エスパー(Secretary of Defense Mark Esper)からの7月の指示のあとで確認され、それは人種偏見のために頭髪と身だしなみの方針を再評価するよう命じました。

 頭髪の規則は軍隊の中の統一性を強化するためですが、多くの女性、特に黒人の女性は、厳しい規則は髪の毛の異なる質感と長さを考慮していないといっています。

 今年早く、ウエストポイント士官学校の黒人教官、アンドレア・ピーターズ中佐(Lt. Col. Andrea Peters)はMilitary.comに、彼女が候補生のとき、当時の規則は「均一に髪をなでつけ、お団子ヘアにして後ろへ引っ張った白人女性」を示す写真を含んだといいました。

 「そのイメージはヨーロッパ人のプロ意識と美徳の基準を強化しますが、ありのままの私はそれに足りませんでした」とピーターズは書きました。

 彼女は、士官学校と陸軍で「プロらしく見え」「態勢を整え」「美しく」するために髪の毛をパーマにするよう圧力を感じたといいました。

 「テクスチャヘア、特に黒人女性の髪に詳しくない者たちにとっては、これは活性化成分として水酸化カルシウムや水酸化カリウムで作られた家庭用リラクサーで髪の毛をストレートにするために急いで仕上げていたことを意味します」とピーターズは書きました。「リサクサーは頭皮を火傷させ、しばしば、痛みや炎症、皮膚に圧痛を残します」。

 変更に関する議論は、陸軍の文化を向上させ、軍隊の中の多様性と一体性を向上させる軍指揮官たちからの強い関心の集中の中でやってきます。

 特に頭髪の基準の問題は、先週、ソーシャルメディア上で再燃し、男性も女性も同様に変化を求め、軍務につく女性に不必要な重荷を課す壊れて時代遅れの方針だという見方を示しました。

 陸軍のキャリアがある民間人、ニコール・キルシュマン(Nicole Kirschmann)はツィッターの個人アカウントで、彼女は軍は女性がポニーテイルをつけるのを許可して、異なる頭髪の様々な質感とタイプを考慮すべきだと信じるといいました。「すでに陸軍に存在する文化的民族的な多様性の敏感さを示す身だしなみの基準をもつことは、多様性と一体性について言動を一致させる上で大きな役割を果たします」と彼女は「Task & Purpose」にいいました。

 これらの変化の一部は2021年初頭に兵士の元へやってくるとみられます。

 現在、2017年に出された最新版の陸軍規則670-1は、女性のヘアスタイルを3つの項目、ショートヘア、ミディアムヘア、ロングヘアに分類します。

 規則によれば、ショートヘアは1インチ未満か頭皮から4分の1インチ未満で、ミディアムヘアは「襟の下端下に伸びてはならない」が頭皮から1インチよりも長い髪型で、ロングヘアは襟の下端をすぎて伸びるものと定義されます。

 規則によれば、ロングヘアは「こぎれいで目立たないように固定するか、襟の下端よりも上にピンで留めなければなりません。

 しかし、勧告は今月、「きついお団子ヘアやポニーテイルを頻繁に使用すること」を高いリスクがあるヘアスタイルの分類として認め、トラクション脱毛症(TA)のようなきついヘアスタイルに関連する脱毛のリスクと、黒人女性にどう影響するかを詳述するスライドを委員会に示しました。

 「頭髪をきつく引っ張る直接的結果」というスライドは、トラクション脱毛症についていいます。「長く、きついヘアスタイルをする(アフリカ系アメリカ人)女性の3分の1に影響します」。

 もう一つのスライドは2016年に出版された「すべてのヘアスタイルは平等に作られていない。 皮膚科医は黒人のヘアスタイリングの習慣とトラクション・アロペシアのリスクについて何を知る必要があるか」という医学研究の要約を含みます。

 「黒人女性の間で蔓延するトラクション脱毛症は、しばしば特定のヘアスタイリングの習慣による脱毛の一種です」と要約は述べ、「黒人のヘアスタイリング手法について文献が少ないこと」と「知識を増し、これらの習慣とTA発生のリスクを理解すること」の重要性に言及します。

 スライドは脱毛の心理的な影響のリストと、個人の人生の質が、神経症、うつ病と貧弱な体のイメージにようなさらなる問題になりえるTAのようなものでどう影響を受けるかへと続きます。

 スライドは一部の女性が「頭髪の長さと質感のためにお団子を作れないこと」を認め、可能性がある変更は彼女たちにどの制服でもポニーテイルにすることを承認するかもしれません。

 「この修正を許可することは、ミディアムとロングのヘアの義務的なお団子ヘアが生じる皮膚への負担を軽減するでしょう」とスライドはいいます。

 変更は女性に一度に2つのヘアスタイルをすることも認めます。「たとえば、ロックやツイストはブレイズや頭皮へのツイストにしたりできます」とスライドはいいます。そして、「承認されたヘッドギアと防護装備を着用する能力を損なわない」限り、「髪型を維持するため」にサイド・ツイストやブレイズにするのを彼女らに認めます。

 既存の規則が女性の髪は頭皮から4分の1より短くできないといいますが、新しい規則は「髪を持つかどうかは女性の選択であるべき」といいます。

 「これは脱毛症や脱毛や成長を妨げる、その他のその他の病状を患う女性兵士のストレスと困惑を軽減するのも助けるでしょう」と書類はいいます。「これは健康を増すのを助けるでしょう」。

 新方針は規則から一部の文化に対して侮辱的で人種差別とのつながりがある様々な文言も取り除くでしょう。たとえば、規則の髭の節では、「アジア文化への侮辱」と考えられているため「フー・マンチュー(Fu Manchu)は削除されることになっていると、スライドはいいました。

 「ドレッドヘアという言葉はアメリカ人の奴隷の経験とつながっている」ため、「ドレッドヘア」は「ロックス(Locs)」へ変えられると、スライドは説明を続けます。

 現在の規則は、女性のヘアスタイルは「奇抜や流行を追うことはできず、伝統的でプロフェッショナルの外観を示すこと」と述べます。しかし、勧告された変更は「特定の人種を標的としているとみられる」といい、「奇抜」と「流行を追う」という言葉は一掃されます

 「『極端』と『誇大』という言葉は、身だしなみと外観基準への違反を説明するときは条件を満たす」とスライドはいいます。

 スライドの中のその他の勧告は、女性が基地内で陸軍戦闘服を着て、承認されたイヤリングを着けること、「肌の色と明らかに食い違わない」マニキュア液を認めることを含みます。現在の規則は透明のマニキュアや透明のアクリル製ネイルを着用することしか認めません。

 なぜこれらの問題が重要かと「Task & Purpose」が尋ねると、グリンストン上級曹長は「我々の兵士に重要」だから、彼にとって重要なのだといいました。

 「私は、それらが軍隊の必要条件に合致することを確実にするために継続的に方針を評価しています」と彼はいいました。「これは我々が人々を第一に置くことを確実にするために活動するもう一つの方法です」。

 8月にMilitary.comにピーターズ中佐が言ったように、黒人女性は「常に声を上げている訳ではありません」が「ただ一つ、彼女らが常にコントロールし、プライドを持ってきたのは髪の毛です」。

 「この現実は黒人女性の目から見れば、髪の毛の話題を歴史的価値があるものにします。社会と陸軍がこの真実を理解して受け入れる時なのです」。

ーーーーーーーーーー

 単に髪の毛の話題のようですが、「ブラック・ライブズ・マター運動」に関連する人種偏見を取り除く努力のひとつなので、取り上げることにしました。

 これはかなり大きな変更と考えられます。髪をきつく縛ることで脱毛症が起きることも、私はあまり理解してはいませんでした。女性兵士には大きな悩みのタネだったはずです。

 フー・マンチューは小説に登場する架空の中国人です。彼は世界征服を企む悪人なので、今回は削除されることになったとみられます。フー・マンチューや彼をモデルにして作られたキャラクターは様々なメディアで繰り返し使われています。

 調べてみると、アメリカの学校でも黒人の頭髪を懲罰の対象にしたり、レスリング大会で規則違反にされたりするそうで、ニューヨーク州のように頭髪に関する差別禁止を法律化する動きがあります。米軍もそれに追随した形ですね。

 そういえば、日本でも生まれつき金髪の学生に髪を黒く染めさせたり、異常な校則がある学校があります。他人のことばかりはいえません。我が身も直さないと。そういう場合、米陸軍の今回の改正は理由のひとつに使えますね。
posted by スパイク通信員 at 19:54| Comment(0) | 日記